ゲームクリエイターになるためにあると良い資格を大公開!

男女

ゲームクリエイターに向いている人の特徴

ゲームを作る過程のどこを切り取っても必要なのはアイデア力になります。プログラマーでさえ、いかに早く通信するかなどゲーム独特のアイデアが求められます。今までと同じでは他のゲームと差別化できません。
既存の枠組みにとらわれず、自分のまかされた担当分野をどんどん切り開いていく人がゲームクリエイターに向いているタイプと言えるでしょう。

ゲーム機

効率良く学ぶなら専門学校に通おう

斬新なアイデアは基本を知っているからこそ出るものです。王道の作り方など基本となる部分を効率よく学ぶなら専門学校がおすすめです。
2~3年の通う年数に合わせてカリキュラムがしっかり設定されており体系立てて学ぶことができます。重ねて関連する資格取得のサポートも授業と並行して行ってもらえることが多いです。

独学VS専門学校のメリット・デメリット

すぐにゲームが作れる

才能やアイデアがあれば実際にゲームを作りながら独学で学ぶことができます。ただし自分のやったことがない事はいつまで経っても知らないままです。可能性を広げるための情報収集は怠らないようにしましょう。

通うことに意義を持つ

体系立てて授業が用意されている分、それをクリアすればゲームが作れる気になるでしょう。基本は抑えられていてもその上に自分で何を作るかはもちろん自分次第です。授業に出席するだけで満足していると卒業したとき身になるものが減ってしまいます。

資格を持っていると有利に働く

医師免許や弁護士資格のようにゲームクリエイターの資格があるわけではありません。それでも関連している資格を持っているとそれだけの能力があることを証明できます。自分の能力を証明するための指標として資格があると大変便利です。

ゲームクリエイターの仕事に関する資格

男性たち

映像ならCGクリエイター

ロボットだけに限らず、背景や主人公までCGを使ったリアルなゲームが大半を占めるようになりました。映像にはかかせないCGはゲームをデザインする上では外せない技術です。

基礎力はマルチメディア検定

業界に身を置く上で最低限理解しておきたいことが詰まったのがマルチメディア検定です。1級になると難しい項目や日常では目にしない内容まで含まれますが選択肢として知っておくことに損はありません。

プログラムなら基本情報技術者試験

システムエンジニアならほぼ全員取得する資格と言っても過言ではありません。セキュリティやマネジメントなど技術に偏りすぎるとつい忘れそうになる部分もしっかりと学習できます。

ビジュアルを左右する画像処理検定

どれだけ綺麗にデザインができあがってもゲーム内で動かなくては意味がありません。デジタル画像の処理知識があるとソフトウェアハードウェアの両面から最適な方法を選択できます。

デザインには色彩検定

デザインをする上で色使いのセンスは欠かすことができません。最低限知識として知っておきたいこともあります。通常人がその色を見た時にどう思うかを勉強するには最適な資格です。